TOP > 未来医療

未来医療
未来医療
未来医療

本当に、苦しい思いをしないと、病気は治せないのか?

あなたは、以下のような悩みや疑問を抱いたことがないでしょうか。

  • なぜ、副作用の大きな薬を飲まなければならないのか?
  • なぜ、大切な体を切除しなければならないのか?
  • なぜ、再発を繰り返すのか?
  • 本当に、つらく苦しい思いをしなければ病気は治せないのか?
あなたの悩みや疑問を解決するための智慧(ちえ)が記されています。

全147ページ(約17万文字)

目次

まえがき
p. 1 


第一部 問題提起

医師が病を治すのではなく、カラダが病を治す。


序章 医療概念のパラダイムシフト

医師が病を治すのではなく、カラダが病を治す。
p. 4 , 5 


なぜ、薬が病気を治すと信じる世界になったのか?
p. 6 , 7 , 8 


今、本来の概念に戻す時が来ている。
p. 9 , 10 , 11 




第一章 薬とは何か?

病気を治せる薬は存在しない。
p. 13 , 14 , 15 


薬を飲み続けても病気は治らない。
p. 16 , 17 


病気が治るのを薬が邪魔することもある。
p. 18 , 19 , 20 


薬は様々なリスクを伴う。
p. 21 , 22 , 23 




第二章 現代医療とは何か?

現代医療の本質とは何か?
p. 25 , 26 , 27 


現代医療の真意は、病気を止めること。
p. 28 , 29 


現代医療とは、あくまでも病気を治すサポート。
p. 30 , 31 




第三章 現代医療の問題点

カラダをいじればいじるほど問題が起きる。
p. 33 , 34 , 35 


あと、どれだけの薬を作り続けなければならないのか?
p. 36 , 37 , 38 


医療が発展しないジレンマ。
p. 39 , 40 , 41 


第二部 解決策

人のもつ力が、未来の医療を変える。


第四章 病気とは何か?

病気とは、異物。
p. 44 , 45 , 46 , 47 


病気とは、体内システムの異常。
p. 48 , 49 , 50 


病気とは、体の許容オーバー。
p. 51 , 52 


なぜ、人は病気になるのか?
p. 53 , 54 




第五章 病気を治すとは、どういうことか?

問題の本質を解決するということ。
p. 56 , 57 


自然界の状態に戻すということ。
p. 58 , 59 , 60 


当たり前のことをするということ。
p. 61 , 62 , 63 




第六章 未来のテクノロジー

世界最高のテクノロジーとは何か?
p. 65 , 66 , 67 


人のもつ力が未来の医療を変える。
p. 68 , 69 , 70 


未来のテクノロジーとは、概念そのもの。
p. 71 , 72 , 73 , 74 


第三部 戦術

自然界の状態に近づけるほど、人間は健康な状態に戻る。


第七章 健康の必要条件

はじめに
p. 77 


データを根拠にしない理由
p. 78 , 79 , 80 


運動 ― 動物は、動くもの。
p. 81 , 82 , 83 , 84 


食事 ― 命そのものを食べる。
p. 85 , 86 , 87 , 88 , 89 


睡眠 ― 危険が無いから眠れる。
p. 90 , 91 , 92 


自然環境 ― 過酷な環境が生命を強くする。
p. 93 , 94 , 95 




第八章 ストレス

病気になる最大の理由
p. 97 , 98 , 99 


ストレスとは何か?
p. 100 , 101 , 102 , 103 , 104 


ストレスと、どう向き合うべきか?
p. 105 , 106 , 107 , 108 , 109 , 110 , 111 , 112 , 113 , 114 , 115 , 116 , 117 , 118 , 119 , 120 , 121 


第四部 戦略

必要以上に体をいじらなければ、病気に負けることは少ない。


第九章 病気と闘うための十一節

はじめに【重要】
p. 124 


第一節 いかにして戦わずに勝つか。
p. 125 


第二節 勝つ意思のある者が勝つ。
p. 126 , 127 


第三節 強い相手だと思ったら、絶対に戦わない。
p. 128 , 129 


第四節 守りを固めて待つ。
p. 130 , 131 


第五節 病気になった理由を考える。
p. 132 , 133 , 134 


第六節 肩の力を抜いて、気楽に。
p. 135 


第七節 治療をする場合は、一瞬で。
p. 136 


第八節 ほんの少しの治療で止める。
p. 137 


第九節 病気に止めを刺さない。
p. 138 


第十節 病気と仲間になる。
p. 139 


第十一節 治療をするか迷ったら。
p. 140 , 141 , 142 , 143 




最終章 未来医療

自分の病気を治すための最善の方法
p. 145 

さいごに
p. 146 , 147 


著者紹介

ジョン・S・ドウ
John・S・Doe

地球に生きる人間の一人。人のもつ力の素晴らしさを実感した一人。本書は、そんな一人の人間が言っている、一つの意見として読んでください。

John・S・Doe
John・S・Doe

未来医療
人のもつ力が未来の医療を変える。

The Medical Future
- Self-Care Medicine -

Copyright © John S Doe All Right Reserved.