飲む量

計量カップ(1~18袋/日)

状況に応じ推奨量は変わります。

お子様の場合はこちら >



※商品の機能性は、健康な人が、日々その健康を維持していくためのレベルに設定されています。
人によって年齢、ストレスや体の状態は様々であるため、あくまで推奨量です。

イムニィSF

推奨量は、SFを基準としています。

※他の商品の場合は、
それぞれの商品詳細を確認ください。

1袋/日

健康維持や、日々のリスク対策に。

将来、病気にならないために健康を維持したり、日常の風邪や食中毒などの感染症対策に。

ウィルスと細菌

マスクや手洗いなどの対策に加えて、体の内側の対策です。


2重の対策をすれば安心です。

1~3袋/日

体調を崩す「予兆」を感じた時に。

例えば、風邪を引きそうではないかと直感的に感じる時。

体の異変を感じたら、早め早めの対策が肝心です。


問題が小さなうちに解決しましょう。

1~6袋/日

体調を崩してしまった時。

例えば、風邪や食中毒などで体調を崩した時。

病気の症状が、緩和されるわけではありません。


お薬のように症状を緩和しません。しかし、本来これらの症状は、体が病気を自然に治すために必要なものです。

鼻水・せき・熱

※症状(熱、咳、鼻水など)を止めたい場合は、お薬をお使いください。

注意マーク

つらい時は、我慢せず、お薬に頼ることも必要です。

できるだけ薬を使わずに治すことも大切ですが、病気が長引くことも良くありません。

1~6袋/日

大きな手術の前後一週間。

手術

手術の前に飲用しておくと効果的です。手術後も、弱った身体が元気になるのを助けてくれます。

注意マーク

臓器移植など、免疫抑制剤を使用する特殊な手術の場合は、お医者様にご相談ください。

1-18袋/日

健康改善サポートとして、飲む場合。

飲用数を増やすほど、サポート力は高くなります。健康でない人ほど飲用数を増やされることを推奨します。

多量摂取
注意マーク

あくまで健康改善のサポートであることを忘れないでください。


推奨期間は3か月。

3ヶ月

自分自身の力で健康な状態へと改善していくには一定の時間がかかるものです。あせらないことが大切です。

お子様の推奨量。

子供

目安として小学生以上であれば、大人と同じ量で構いません。小さなお子様の場合は、体重に応じて。

もっと詳しく >