ベータプラス
β+Plus
BRMG|Biological Response Modifier Glucan

医療機関向け商品

人のもつ力が未来の医療を変える。

β+Plus(ベータプラス)-医療機関向け商品
β+Plus(ベータプラス)-医療機関向け商品


¥15,120(税込)
顆粒状 / 2.0 g × 30袋入り

医療機関向けのハイエンド商品。

β+Plus(ベータプラス)は、医療関係者のご要望により、多量摂取を前提とし、結果を出すことを目的として誕生した特別な商品です。

High-End
Products

※「High-End|ハイエンド」とは、全商品ラインナップの中で、最上位商品という意味です。

全ての商品の中で、最も結果を出しているもの。

統合医療(IM)

統合医療に関心の高い医療関係者様に。

患者様の体に対して、やさしい治療を目指されている様々な医療関係者の方に使用されています。

統合医療(IM)

IM|Integrative Medicine 統合医療
WM|Western Medicine 西洋医学
CAM|Complementary and Alternative Medicine 補完代替医療

人間のもつ可能性を拡張し、セルフ・ケアする時代へ。


未来の医療のために。

未来の医療(SCM:自己解決型医療)に貢献するための、β+Plus(ベータプラス)です。

SCM|Self-Care Medicine

カラダの可能性を
信じるすべての人へ。

身体を切除する前に、
最善をつくしたい。

手術
手術

つらく苦しい薬を、
できるだけ使いたくない。

抗がん剤
抗がん剤

※緊急の場合は、止むを得ず手術や薬の力に頼り、病気の進行を止めなければなりません。

多量摂取したい人
のために。

飲みやすい顆粒状。

多量摂取する場合の飲用ストレスを軽減しています。

実は、コスパがいい。

最も高価な商品ですが、最も高いコストパフォーマンスを誇ります。できるだけ多量摂取する際の患者の金銭的負担を軽減したいという思いが込められています。

ご飲用に関して

【重要】推奨量について。

飲用数を増やすほど機能性は高くなります。

病気の種類や、人により状況が異なるため一概には言えませんが、もし提案するとすれば以下が推奨量です。

ベータプラス 飲用数
ベータプラス 飲用数


病気の山を越えるまで一時的に大きなサポートをし、山を越えれば徐々に飲用数を減らしていきます。

※推奨量は、必ず健康な状態に戻れるという量ではありません。あくまで過去の事象データから平均的に必要と推定される量です。



【重要】結果を出すために。

カラダの機能をサポートするものであるため、カラダの機能自体が正常な状態である必要があります。

※逆に、カラダをいじればいじるほど機能性は発揮されにくくなります。

摂取量の制限はありません。

厚生労働省における安全性試験の結果、多量摂取をしても問題ないことが証明されています。

※許容一日摂取量(ADI:人が毎日一生涯摂取し続けても、健康への悪影響がないと推定される一日当たりの摂取量)は設定されていません。

飲み方

水分とご一緒に。

お薬のように口に含んでから水で流しても、先に水に溶かしたものを飲んでも構いません。(水、オレンジジュース、牛乳、お茶など、どんな飲み物と一緒でもOK)

顆粒状
顆粒状

※顆粒(通常の粉末より粒径の大きい粒:粒径0.1 - 1mm程度)



溶けてないように見えても溶けています。

有効成分は水溶性食物繊維であり、上澄みに溶けだしています。沈殿物(混ざらないもの)は、顆粒状加工の際に加えた天然のでんぷん(コーンスターチ)です。かき混ぜてすぐ沈殿物ごと飲んでください。

溶けてないように見えても溶けています。
溶けてないように見えても溶けています。

※でんぷんは水に溶けません。


味は、やや酸味と甘み。

機能性成分(ゲル状)の独特の食感、味、においを軽減しています。


24時間いつでも飲める。

朝・昼・晩、食前・食後いつでもOK。

24時間OK
24時間OK

食事の際に、糖の吸収を抑えたい場合は、食前に飲用することを推奨します。


たくさん飲むときは小分けにして。

一気に飲んでも、小分けにして飲んでも効果は変わりませんが、飲用ストレスがかからないように、小分けにして飲むことを推奨します。

飲む時間帯
飲む時間帯

※一日の間に推奨量が飲めていれば、もっと小分けにしても構いません。


眠くなることはありません。

お仕事中や家事・育児などの妨げになることはありません。


アレルギー原材料は含まれていません。

卵、乳、小麦といったアレルギー特定原材料等(25品目)は使用していません。

アレルギーの方もOK >

その他注意事項

はじめは、ゆっくりと。

急にたくさん飲用するとお腹が緩くなることがあります。一過性のもので心配はいりません。

はじめは様子をみながら、1袋ずつ徐々に数を増やしてください。

※万一身体に合わない場合は、飲用をお控えください。


お薬やサプリメントと一緒でもOK。

お薬やサプリメントの効果を邪魔したり、逆に成分の効果が邪魔されることはありません。

※カリウムも、血液をサラサラにする成分も、プリン体なども入っていません。


【重要】免疫を抑制するお薬を飲用中の方はお控えください。

免疫抑制剤を使用するような病気や治療法、臓器移植などの場合は、治療に良くない場合もあります。医師にご相談の上、ご飲用下さい。


もっと詳しく >

※成分自体がお薬の邪魔をするというよりも、活性化したカラダの機能自体が治療の邪魔になることがあります。


凍らせないで。

特に寒い地域にお住まいの方はご注意ください。

※物性が変わる可能性があります。

あなたの貴重なデータを
次の人に残そう。

メールや写真、動画、お手紙など、貴重な体験談をお待ちしています。


お問合せ先 >

データ
データ

※お客様から公開の許可をいただいたデータでなければ公開されることはありません。また、個人が特定される情報も公開されることはありません。