TOP >  BRMG -自己解決型サポート成分-


自己解決型サポート成分

ソフィ-βグルカンの三重らせん立体構造
ソフィ-βグルカンの三重らせん立体構造

人間の健康の未来は、人間のカラダそのものにある。

+
+

人間が唯一満たすことのできない健康条件を満たすもの。


Introduction -導入-

BRMGとは、β-グルカンの中のβ-1,3-1,6-グルカンに分類されるものです。 β-1,3-1,6-グルカンは分類名であり、すべてが効果を発揮できるわけではありません。公的医療機関においてヒトで機能性が発揮されることが立証された特殊なβ-1,3-1,6-グルカンを総称してBRMGと言います。

しかし、上記のような説明ではBRMGが何であるかを理解したことにはなりません。そこで、もっと概念的な話から始め、BRMGが一体どのようなサポートをするためのモノなのかを解説します。BRMGの全体像をとらえるための参考にしてください。






目指すのは人間の生命力で問題を解決すること。

これまで様々な健康問題に対して、薬や手術といった手法で問題を解決しようとしてきましたが、それでは解決できない場合があるのが現状です。そして、人間の体を人間の手で健康な状態に戻そうとすればするほど、問題が複雑化したり、再発したり、予期せぬ問題が生じたりすることも事実です。



カラダをいじればいじるほど、状況が悪くなる場合があるから。

人間
人間

このような状況において、未来を見据えた場合に、これまでとは全く異なる方法が求められています。そこで注目されているのが、人間の体のもつ生命力になります。


人間の体の優れたシステムを利用して問題を解決する。

本来、生物のカラダには、自身の体の問題を解決することのできるシステムが存在しています。

人間の体の仕組みがまだよくわかっていないからこそ人間の手では問題を解決できないとも言えます。であれば、人間のカラダのシステムそのものに、問題の解決を委ねることが最善の方法であるという一つの結論に到達します。

免疫細胞
免疫細胞

人間のカラダを健康に保つ様々な白血球群。

また、人間のカラダのシステムとは、進化の過程で手に入れたものであり、何千年何万年という長い年月をかけ何度も何度も試行錯誤(失敗と成功)を繰り返したどり着いたテクノロジーです。

これは、数百年程度の期間で作り上げてきた人間の科学技術をはるかに超えるテクノロジーとも言えます。また、あらゆる問題に対して効率的に、かつ人体に対して問題が起こらないように考慮・設計されたものであり、まさに現在求められている世界最高のテクノロジーとも言えます。

生命力が低下すると多くの健康問題は生じる。

現代社会において私たちは様々な健康問題に悩まされていますが、先天的な特殊な問題を除き、多くの問題は生命力の低下に起因します。

本来、カラダのもつ複雑なシステムが正常に働くことによって健康が維持されている以上、そのシステムが正常に働かなくなれば、様々な問題が生じると考えるのが自然です。

生命力の低下→日常の健康問題→大きな健康問題
生命力の低下→日常の健康問題→大きな健康問題

体のシステムの小さな乱れによって日常の些細な健康問題は生じ、その乱れた状態が慢性的に継続することによって、大きな健康問題へと発展していくとも考えられます。

人間と自然界の動物では、生き物としての生命力が違う。

地球上の生物の中で、人間ほど様々な健康問題に悩まされる生き物はいないかもしれません。これは、人間と自然界の動物との生命力の差により生じているとも考えられます。

なぜ、同じ動物であるにも関わらず、生命力に差が生まれるのでしょうか。それは、人間のライフスタイルが、自然界での生活から離れすぎていることが大きな要因であるとも言えます。


人間は自然界とは真逆に近いライフスタイルを送っているから。

現代社会と自然界の違い
現代社会と自然界の違い

例え天然のモノから作ったものであっても、人間の手を加えた時点で自然の食材とは異なります。自然界の動物は、直残まで生きていた動物や植物など、新鮮な命そのものを食べています。


自然界のライフスタイルが本来の高い生命力を育てる。

そもそも、人間も含めてあらゆる生物のカラダは、過酷な自然環境の中で生活することを前提に適応・進化してきたものです。つまり、その前提条件が崩れれば、カラダのシステムが正常に機能しなくなってもおかしくはありません。その結果として、現代人の生命力は非常に弱っているとも考えられます。

健康に戻すとは、自然界の生活に近づけること。

自然界の生活から離れれば離れるほど、カラダのシステムが正常に機能するための前提条件を満たせなくなるとも言えます。逆に言えば、自然の理(ことわり)を満たすことができれば、本来のカラダの機能は正常に働き、健康な状態に自然に戻っていくとも言えます。

つまり、人間のカラダを健康な状態に戻すのに、特別なことが必要なのではなく、ただ自然の理(自然界での生活)を満たせばよいということになります。


人間を健康に戻すことは、何かを体に補うこととは限らない。


人間は過剰な栄養や、普通の食事では手に入らない特別な成分を補わなければ健康にならないと考えてきました。しかし、もしそうであるならば、身近に存在する食材しか食べることのできない自然界で、人間は健康に生きることができないということになります。

本来、人間も自然の中で生きる動物の一つである以上、ごく普通の食材だけでカラダを健康に維持できるようにできていると考えるのが自然です。

本来、自分の健康問題は自分で解決するもの。

自然の状態にライフスタイルを戻すというと特殊なことをしなければならないように聞こえますが、実際には、運動・食事・睡眠の正しいサイクルとストレスの発散を試みれば良いということになります。


健康に戻るために必要なことは、ごく当たり前のことだから。

運動・食事・睡眠の正しいサイクルとストレスの発散
運動・食事・睡眠の正しいサイクルとストレスの発散


自然界の生活に戻すことが健康の条件。

つまり、健康にとってごく当たり前のことが、健康な状態に戻すために最も重要で最も大切なことです。何か特別なことをカラダに施さないと健康な状態には戻らないと考えがちですが、本当に必要なことは、とても自然でシンプルなことであるとも言えます。むしろ、必要なことをせずに、他のものに頼ろうとするから健康に戻れないとも言えます。


健康の条件は、自分自身で満たすことのできるもの。


重要なことは、「必要なことは、自分自身でできる」ということ。

運動も自分でできる、食事も自分で気をつけれる、ストレスも自分で発散できる。睡眠に関しては、運動とストレスの発散によってカラダのシステムが正常化すれば自然に改善されるものです。

これらをすることが人によっては苦手であったり、時間が無かったり、難しいということは別にして、やろうと思えば自分の意志でできることです。かつ、自分自身にしかできないことです。だからこそ、先天的な特殊なものを除き、多くの健康問題は、自分自身で解決しなければならないものであると言えます。

現代人が満たせない唯一の健康条件とは?

健康条件とは、自然界での生活に近づけることと言えますが、一つだけ満たすことが難しい条件があります。それが、「自然の中に身を置くということ」です。


自然の中で生活を送ることだけが唯一できないこと。


本来の自然界は不衛生で、ウィルスや細菌などの病原体もたくさん存在します。逆に、現代人の生きる生活環境は衛生的で、除菌された非常に清潔な世界です。

現代社会と自然界の環境の違い
現代社会と自然界の環境の違い

過酷な世界を生き抜くから生命力が強くなる。

食材は冷蔵庫で保存され、賞味期限もあり、カビが生えたり腐りかけたものを食べることもありません。毎日、顔も体も髪も洗い、清潔な家の中で暮らしています。カラダに危険なものを排除し続けることによって非常に過保護な環境を作り上げてきたとも言えます。過酷な自然界とは異なる真逆の環境です。

病原体の多い過酷な自然環境に適応するために、自然界の動物は自身の生命力をその環境に合わせて調節しています。自然界の病原体までも利用して健康を維持できるように進化してきたとも言えます。


しかし、もう原始人のような生活を送ることができない。

原始人
原始人

現代社会のような守られた過保護な環境では、それに合わせて生命力も低下してしまいます。しかし、衛生的で清潔な現代のライフスタイルを捨てて、原始時代のような生活に戻ることはもうできないとも言えます。だからこそ、現代において自然の中で生活するという健康条件だけは満たせないということになります。

そこで、自然界での生活環境を意図的に作り出す。

自然界の生活環境というのは、病原体(ウィルスや細菌など)にあふれた世界です。


病原体を体に入れることで、自然環境を再現する。


つまり、体の中に病原体を入れることによって過酷な自然界の環境と似た状況を再現できれば、それに適応しようとしてカラダは本来の生命力を取り戻そうとします。


しかし、実際に病原体を体には入れれない。

人間のカラダに病原体を入れるにはリスクを伴います。例えば、ワクチンは弱めた病原体を体に入れるものですが、高齢者や病気の人に打つと、逆にその病原体に起因する病気を発症してしまう場合があります。高齢者の人がインフルエンザワクチンを打って体調を崩したり、風邪を引くのも同様のケースです。

そもそも健康問題を抱えている人はカラダが弱っているため、体内に入れた病原体に負けてしまうということです。


だから、病原体に似ていて、かつ安全なものが必要。

病原体の体へのリスクを考慮すると、カラダにとって安全なもので、かつ病原体が体の中に入った時と同じような働きをもつものが求められます。つまり、「安全で危険」という矛盾した存在のものがあれば、自然界での生活環境を現代社会にも再現できるということになります。そして、この矛盾した成分こそがBRMGです。

BRMGは病原体に似た立体構造をもつもの。

人間のカラダは病原体を認識しますが、目視で確認しているわけではなく、病原体の形状を認識することで病原体の侵入を判断しています。


カラダは病原体を、その表面の形で認識している。


病原体の表面には、突起物があり、病原体の種類によって固有の形状をしています。カラダは、その病原体の突起物の形を認識して、病原体の侵入を判断しています。

病原体とBRMG
病原体とBRMG

カラダはBRMGを、病原体として誤認する。

BRMGは、病原体の一つである真菌(わかりやすく言えばカビ)の表面にある突起物によく似た立体構造をもちます。そのため、人間のカラダは、BRMGを病原体であると誤認し、病原体が侵入した時と同じような反応を引き起こすということになります。

つまり、BRMGを飲むことで、病原体の多い過酷な自然環境に近い状態を疑似的に作り出すことができます。

BRMGはブドウ糖のみでできた食物繊維。

BRMGは、病原体に似た立体構造を有していますが、その最小構成単位はブドウ糖です。ブドウ糖がたくさん連なることで長い鎖状のモノを構成し、さらにその鎖が互いに絡まり合って特殊な立体構造物を形成しています。

ソフィβ-グルカンの分子構造
ソフィβ-グルカンの分子構造

BRMGの一例。赤と青の色分けは結合様式の違いを意味しており、どちらもブドウ糖です。

ブドウ糖で構成されていますが、砂糖などとは異なり、高分子状のこの構造物は、食物繊維に分類されます。


カラダの中を通過するだけで、最終的には体外に排出されます。


BRMGは食物繊維であることから、ほとんどカラダに吸収されずに最終的には体外に排出される成分です。つまり、ただ体の中を通過するだけであると言えます。

BRMG(ソフィβ-グルカン)は、体内を通過するだけ。
BRMG(ソフィβ-グルカン)は、体内を通過するだけ。

体内の様々な細胞(腸管上皮細胞や各種免疫細胞など)の表面に存在する受容体に認識されることで、シグナル伝達され、カラダに病原体の侵入として誤認されます。

他の健康成分と何が違うのか?

BRMGは、ブドウ糖のみでできた食物繊維であり、自然界の動物がごく普通に食べるものでできており、体にほとんど吸収されずに体外に排出されます。かつ、それによりカラダが起こす反応自体もごく自然な反応と言えます。


BRMGは、自然界の理に非常に近いもの。


一方、他の健康成分の多くは、天然のモノであっても動物が自然の中で生きていたとして手にしにくい物であったり、そもそも食べていないものであることがあります。また、カラダに入るもしくは吸収されて、本来の体内の秩序を変えることで効果を得るものです。

BRMGと他の健康成分の違い。
BRMGと他の健康成分の違い。

自然の理(ことわり)から外れるほど、体内の秩序を変えるほど想定外の問題は起きるものです。また、いくら安全であると言われていても将来どうなるのかは誰にもわかりません。


将来の健康被害リスクを最小限にできるよう考え抜いたもの。


例えば、ある健康成分が、もし安全性試験に合格していたとしても、それは人間が想定した安全項目に合格したというだけであり、人間のカラダをすべて理解できていない以上、起きている問題に気づいていない可能性さえあります。だからこそ、安全と言われていたものが、後々になって、やはり安全ではなかったと言われることがあります。

人間はミスを犯すものです。であれば、もし考え方が間違っていた場合に起こりえるリスクを最小限にとどめるためには、成分自体も動物が自然に食べるもので、かつその成分で体に起こる反応自体もごく自然な反応でなければなりません。

このように、人間のカラダに問題が起こらないように効果を得ることのできるものとして考え抜かれた成分がBRMGです。

他のβ-グルカンと何が違うのか?

BRMGは、Biological Response Modifier Glucan(生体応答調節物質グルカン)といって、グルカンという成分です。そして、グルカンの中でもβ-グルカンという成分であり、さらにその中のβ-1,3-1,6-グルカンの一種です。

β-グルカンとBRMG
β-グルカンとBRMG

市場では、β-1,3-1,6-グルカンという言葉が、効果のあるβ-グルカンの代名詞ともなっています。しかし、β-1,3-1,6-グルカンというのは一つの分類名を意味しているにすぎず、その中にはただの食物繊維もあれば、食物繊維以外の機能性をもつものもあります。

本当に効果を発揮できる特別なβ-1,3-1,6-グルカン。

BRMGというのは、公的医療機関においてヒトで試験し、食物繊維以外のプラスαの機能性が発揮されることが科学的に立証されたβ-1,3-1,6-グルカンの総称を意味します。つまり、本当に効果を発揮することのできるβ-グルカンということになります。

他のアウレオバシジウムと何が違うのか?

アウレオバシジウムとは(予備知識)

BRMGは、通常は天然物(キノコ類やパン酵母など)から抽出するものですが、抽出工程で濃縮される発がん性物質や、機能性を発揮できる状態にするためには非常に高度な抽出・精製技術が必要になります。

この抽出・精製に膨大なコストがかかり、BRMGは1gあたり86,400円もする高価なものです。例えるなら、金の約17倍の価値があり、とても一般の人が手にできるものではありませんでした。

BRMGの価値
BRMGの価値

※BRMGといっても様々ありますが、国内において信頼できる製品の価格を参考にしています。金のレートは変動するため参考値です。


そこで開発されたのが、微生物を用いたスクリーニング・発酵法です。微生物にBRMGそのものを産生させます。この微生物のことをアウレオバシジウム・プルランス(通称:黒酵母)と言います。ここで紹介しているBRMGも、このアウレオバシジウムによって産生されるものです。

アウレオバシジウムとBRMG
アウレオバシジウムとBRMG

この革新的技術によって、コストのかかっていた抽出・精製工程を必要とせずにBRMGを作ることができるようになりました。

BRMGの製造コスト比較
BRMGの製造コスト比較

※国内他社メーカーから市販されていた信頼できる高品質なキノコ由来のBRMGと比較しています。



医療機関でヒトで機能性が立証されたアウレオバシジウム。


アウレオバシジウムは正確には、アウレオバシジウム属のプルランス種に分類される微生物であり、その中には様々な菌株が存在します。そして菌株によって作られるβ-1,3-1,6-グルカンの分子構造や立体構造も効果も異なります。

アウレオバシジウムの産生するβ-1,3-1,6-グルカンは菌株によって違う。
アウレオバシジウムの産生するβ-1,3-1,6-グルカンは菌株によって違う。

市場ではアウレオバシジウムの商品はたくさん存在しますが、そもそもアウレオバシジウムは、β-1,3-1,6-グルカンを産生する微生物ですが、産生されたβ-1,3-1,6-グルカンのすべてがBRMGではありません。

アウレオバシジウムで産生させたβ-1,3-1,6-グルカンを、ヒトで試験して効果が発揮されることが立証されて初めてBRMGと呼べます。つまり、ここで紹介しているものとは、科学的に立証された、本当に効果を発揮できるものということになります。


厚生労働省が安全性を認可した唯一のアウレオバシジウム。

この微生物の培養液を「アウレオバシジウム培養液」と言います。アウレオバシジウム培養液は厚生労働省において既存食品添加物として認可され安全性が確認されています。

BRMGの健康被害リスク
BRMGの健康被害リスク

国立医薬品食品衛生研究所資料  引用

しかし、厚生労働省はすべてのアウレオバシジウム培養液の安全性を確認したのではなく、実際に評価されたのは、ここで紹介しているもののことを意味します。他のアウレオバシジウム培養液の商品は、その安全性の根拠を引用しているだけであって、実際に商品の安全性が評価されたわけではありません。

BRMGの選択で失敗しないためのヒント。

本当に効果のあるものを選択しなければ意味が無いとも言えます。世の中にはたくさんの商品が存在し、選択に迷うことがありますが、落ち着いて冷静に考えれば失敗することはありません。


ここで紹介するBRMGとは、


①公的医療機関でヒトで科学的に効果が立証されたβ-1,3-1,6-グルカンです。

そして、そのヒト試験とは医薬品が認可を受けるために必要とされる試験と同等のものを実施しています。

②厚生労働省で安全性が立証された唯一のβ-1,3-1,6-グルカンです。

③β-1,3-1,6-グルカンの中で唯一含有量の明確なものです。

本来は測定できないβ-1,3-1,6-グルカンの測定法の特許を取得しています。

④アウレオバシジウム培養液によるβ-1,3-1,6-グルカンのパイオニアです。

研究は1977年から始まっています。

⑤成分の製造工場はGMPを取得しています。

GMPとは製造品質に関する国際基準です。通常日本でGMPと言えば、それは医薬品のことを意味します。

これら5つの条件と比較して、同等レベル以上のものであれば選択する価値があると言えます。逆に、上記の条件を満たしていない場合は、ここで紹介しているBRMGを選択したほうが良いということになります。

もし、BRMGの問題点を挙げるとすれば。

時間がかかる。

BRMGが健康問題を解決するのではなく、あくまでも問題を解決するのはカラダのもつシステムです。そのため薬のような即効性はありません。

例えば、薬や手術などでカラダを傷つけずに健康問題を解決するような場合には、問題が大きければ大きいほど時間がかかります。

症状はすぐに緩和されない。

カラダが健康問題を解決することで自然に症状は緩和されていきますが、問題を解決するためにカラダが出している症状(炎症や発熱、鼻水など)は、カラダが必要であるから出しているのであり、問題が解決するまではすぐに緩和されません。

自分の力で健康問題を解決することは大切なことですが、つらい時は薬などの力に頼ることも必要です。

すべての健康問題に対応できるわけではない。

あくまでも問題を解決するのは人間のカラダです。そのため先天性の病気などカラダのシステムで対応できない問題もあります。

BRMGは何のために必要なのか?

どのような時代においても特別なものを飲用しなくても健康を維持できている人がいることからも、健康成分を飲まずに自身のライフスタイルの改善により健康な状態に戻すことが基本です。


自分で問題を解決できない時や、時間の猶予がない時に使うもの。


ライフスタイルの改善で健康問題を解決するためには時間がかかりますが、自身の問題を解決するために十分な時間があればBRMGに頼る必要もないと言えます。しかし、健康問題の種類によっては、時間の猶予が無い場合もあります。そのような場合に、自身の力ではできない部分をBRMGで補填することによって問題解決をサポートすることを推奨します。

もちろん日常生活においてBRMGを使用することもできます。現代人には時間が無かったり忙しかったり、なかなかストレスを発散できなかったりと、ライフスタイルを改善したくてもできない場合もあります。そのような場合のサポートとして使用することも可能です。

こんな方に最適

基本的には、人間の健康問題の根本原因である弱った生命力そのものをサポートするためのものです。そのため、先天的なものを除いた、あらゆる健康問題の解決サポートとして使用することができます。


大きな健康問題が生じた時

  • 副作用の大きな薬でつらい思いをしたくない。
  • カラダを切除する前にできるだけのことはしたい。
  • 薬に頼らず自分の力で問題を解決したい。
  • 健康問題を再発させたくない。
  • 手術後の感染リスクを軽減したい。
  • 手術後も早く退院したい。等


日常編

  • 風邪薬を使わずに自分の力で解決したい。
  • 妊娠中や授乳中など、どうしても薬を飲みたくない。
  • 仕事や人間関係でストレスが多いと感じる。
  • 職場や学校で病気を移されたくない。
  • 家族内感染を防ぎたい。
  • 感染症の多い地域に渡航する際に。
  • 老いを感じる時に。等

その他注意事項

多量摂取時は、ゆっくりと。

BRMGは食物繊維であり、腸を刺激するため、急にたくさん飲用するとお腹が緩くなることがあります。一過性のもので心配はいりませんが、飲み初めは少量から飲用することを推奨します。万一身体に合わない場合は、飲用をお控えください。

凍らせない。

BRMGは、熱にも強く、電子レンジもOKですが、冷凍には弱く、物性が変化してしまう事があります。

免疫を抑制するお薬を飲用中の方はお控えください。

免疫抑制剤を使用するような病気や治療法、臓器移植などの場合は、治療に良くない場合もあります。医師にご相談の上、ご飲用下さい。


参考
ご飲用について

まとめ


人類は、新しいサポート成分を手に入れる。


健康問題はセルフ・ケアする時代へ。


人間のカラダは、まだよくわかっていないことが多く、非常に複雑なものです。例えるなら、精密なパソコンのようなものであると言えます。

パソコンの調子が悪い時に、パソコンの良くわからない人が直そうとすれば、たまたま直せる場合もあれば、いじればいじるほど直せなかったり、最悪の場合は壊してしまう事さえあります。

ある程度うまくいくと考えられる方法を試しても問題が解決しない場合は、パソコンが壊れてしまう前に、パソコンの専門家に修理を依頼するのが賢明な判断です。

人間のカラダを最も理解している専門家とは、人間のカラダ自身であるとも考えられます。つまり、人間のカラダに問題解決をまかせることが最善の方法であるとも言えます。

健康な状態に戻すためにできることは、薬や手術、何かの成分を補うことだけではありません。そもそも、先天的な問題でない限り、多くの健康問題は自然界での生活から離れすぎていることが根本原因である可能性が高いため、自身のライフスタイルを自然の理(ことわり)の状態に戻すことが必要であると考えられます。

必要なことは、運動・食事・睡眠の正しいサイクルとストレスの発散です。そして、BRMGとは過酷な自然環境に近い状態を意図的に作り出すことによって人間の本来の生命力を取り戻すためのサポートをするためのものです。

自分の力で健康問題を解決するという、誰も想像しえなかったセルフ・ケアという時代に世界は変わろうとしています。これからの新しい時代に貢献するために生み出された革新的なサポート成分がBRMGです。

もっと詳しく
知りたい人へ。