TOP > 将来の健康被害リスクが違う。


将来の健康被害
リスクが違う。

野菜
野菜

はじめに。

どんな成分も、人間が寿命を全うするまで飲ませ続けて安全性を確認できない以上、将来のリスクはゼロにはなりません。

しかし、成分によっては、将来の健康被害リスクを限りなくゼロにすることもできます。


成分は、野菜と同じタイプの食物繊維に分類される。


成分はブドウ糖のみでできた食物繊維。

本BRMGは、ブドウ糖(グルコース)がいくつも鎖状に連なった分子構造をしています。

BRMGの分子構造
BRMGの分子構造

※ブドウ糖のみでできていますが、食物繊維であるため砂糖のように太ることはありません。



【重要】野菜と同じ種類の食物繊維。

食物繊維にも種類があり、普段私たちが食べている野菜は、セルロースと呼ばれる食物繊維に分類されます。

BRMGは野菜と同じ種類の食物繊維
BRMGは野菜と同じ種類の食物繊維

セルロースは、多数のβ-グルコース分子がグリコシド結合により直鎖状に重合した天然高分子(β-グルカンの一種)です。

他と何がちがうのか?

食物繊維に分類される成分はありますが、分子構造内に特殊な元素が入っていたりもするため、野菜などの食物繊維と全く同じというわけではありません。



本来、人間が積極的に食べるものだから、リスクがさらに低い。


日常的にたくさん食べるもの。

野菜のような食物繊維は、人間が多量に摂取する食材の一つです。日常の摂取量が多いものほど、将来の健康被害リスクは、さらに低くなります。

BRMGの将来の健康被害リスク
BRMGの将来の健康被害リスク

他と何がちがうのか?

例えば、LPS(リポ多糖)は、野菜の表面に付着しているためヒトは食べますが、ごく微量であり、多量に食べることはありません。

カラダに
吸収されない。

ほとんど吸収されずに体外に排出される。

本BRMGは食物繊維であるため、ただ体内を通過するだけであるとも言えます。

BRMGの体内移動
BRMGの体内移動

体内の様々な細胞(腸管上皮細胞や各種免疫細胞など)の表面に存在する受容体に認識されるだけで機能性を発揮することができます。


血液中に入ることも無いのでリスクがさらに低い。


吸収されなくても機能性を発揮できる。

本BRMGは、その機能性を発揮するのに、体に吸収される必要もなければ、血液中に入り全身の細胞に届かせる必要もありません。これまでの常識を覆す画期的な作用メカニズムをもちます。

BRMGについて詳しく >

他と何がちがうのか?

吸収されるものもあれば、されないものもあります。ただし、吸収されて血液中(本当の体内)に入るものは、それなりのリスクを抱えることになります。

他にも
理由はある。


カラダの秩序を何も変えないからリスクがさらに低い。


体内の環境を強制的(無理)に変えない。

本BRMGは、体内を通過するだけであり、体が自ら自発的に強くなろうとします。人間のごく自然な反応を利用しているため問題も起きません。

人間のカラダ
人間のカラダ

他と何がちがうのか?

例えば、腸内環境などを強制的に変えて有益な状況を作ろうとすると、問題が起きるリスクもあります。人によって理想の腸内環境は異なり、すでにベストな環境を逆に崩してしまう可能性もあります。

※人間のカラダは、まだ分かっていないことも多く、自然の理(ことわり)から外れたことをするほど問題が生じます。