エヌ - いちろくさん
N-163
BRMG-A
Biological Response Modifier Glucan - Adhesion

効果をより高めるために。

N-163(エヌ-いちろくさん)-一般顧客向け商品
N-163(エヌ-いちろくさん)-一般顧客向け商品


¥12,744(税込)
ゲル状 / 15 g × 30袋入り

購入


追加併用することで、相乗効果を得ることを目指す。


概要

N-163(エヌ-いちろくさん)は、他と合わせて飲むことによって単体で得られる以上の効果を期待する併用追加型サポート商品です。

単独でも効果はあります。

他と必ず併用しなければ効果が無いわけではなく、単独でも効果はあります。より効果を高めるには併用が望ましいという意味です。

BRMG-A

成分BRMG-Aについて

APNN-163菌株の産生するBRMG。Aとは、Adhesion(付着)を意味しています。他と比べ、必要とする細胞に接着しやすい性質をもちます。

接着率は従来品と比較して、9.5~10.5倍あり、体内に長く留まります。

注意

吸着率が10倍になったからと言って、効果が10倍になるという意味ではありません。性質と効果は異なります。

ご飲用に関して


【重要】はじめにベータプラスを飲用してください。

N-163を飲む前に、β+Plus(ベータプラス)を飲むことで、より高い効果を期待することができます。


推奨する飲用例

例えば、ベータプラスを1ヶ月飲用し、以降は飲用数の一部をN-163に切り替えます。全飲用数の1/3から半分程度を目安にご調整ください。

推奨する飲用例
推奨する飲用例

飲用数は、飲用することがストレスにならないように調節してください。


推奨量

飲用数を増やすほど機能性は高くなります。病気の山を越えるまで大きなサポートをし、山を越えれば徐々に飲用数を減らしていきます。

病気の種類や、人により状況が異なるため一概には言えませんが、もし提案するとすれば以下が推奨量です。

推奨量
推奨量

※推奨量は、必ず健康な状態に戻れるという量ではありません。

【重要】ゲル状が苦手な人へ。

商品はとろみのあるゲル状です。もし、飲用自体がストレスになる場合は、無理に飲まないでください。ストレスがかかると効果が出にくくなります。

※カラダの病気を治そうとする機能は、ストレスの影響により低下します。

飲み方


直接か、水分とご一緒に。

小袋の角を手で切り、そこに口をつけ、吸い出すようにしてご飲用ください。もしくは、お好みの飲み物(ジュースや牛乳など)に混ぜて飲んでも構いません。

ゲル状
ゲル状

ただし、混ざりにくいので直接飲まれることを推奨します。


味は、やや酸味と甘み。

食感を例えるなら「水分の多い寒天(ゼリー)」のようなものです。


24時間いつでも飲める。

朝・昼・晩、食前・食後いつでもOK。

24時間OK
24時間OK

食事の際に、糖の吸収を抑えたい場合は、食前に飲用することを推奨します。


たくさん飲むときは小分けにして。

一気に飲んでも、小分けにして飲んでも効果は変わりませんが、飲用ストレスがかからないように、小分けにして飲むことを推奨します。

飲む時間帯
飲む時間帯

※一日の間に推奨量が飲めていれば、もっと小分けにしても構いません。


眠くなることはありません。

お仕事中や家事・育児などの妨げになることはありません。


アレルギー原材料は含まれていません。

卵、乳、小麦といったアレルギー特定原材料等(25品目)は使用していません。

アレルギーの方もOK >

その他注意事項


はじめは、ゆっくりと。

急にたくさん飲用するとお腹が緩くなることがあります。一過性のもので心配はいりません。

はじめは様子をみながら、1袋ずつ徐々に数を増やしてください。

※万一身体に合わない場合は、飲用をお控えください。


お薬やサプリメントと一緒でもOK。

お薬やサプリメントの効果を邪魔したり、逆に成分の効果が邪魔されることはありません。

※カリウムも、血液をサラサラにする成分も、プリン体なども入っていません。


【重要】免疫を抑制するお薬を飲用中の方はお控えください。

免疫抑制剤を使用するような病気や治療法、臓器移植などの場合は、治療に良くない場合もあります。医師にご相談の上、ご飲用下さい。


もっと詳しく >

※成分自体がお薬の邪魔をするというよりも、活性化したカラダの機能自体が治療の邪魔になることがあります。


凍らせないで。

特に寒い地域にお住まいの方はご注意ください。

※物性が変わる可能性があります。