SF/GP/Base
の選び方

SF/GP/Base

ゲルと顆粒の2タイプ。

本来、ゲル状の培養液を、噴霧乾燥したものが顆粒状。

ゲルと顆粒

※顆粒状に加工することで機能性が変わることはありません。

ゲル

SF

SF:エスエフ

中高年の方に。

機能性が高い。

Base

Base:ベース

若者・家族向け。

費用対効果が高い。

食感は、水分の多い寒天(ゼリー)。
やや酸味と甘みがある。

顆粒

GP

GP:ジーピー

ゲルの苦手な人に。

飲みやすく、持ち運びに便利。

ゲルを顆粒に加工したもの。
味は同じ。


機能性レベルと価格。

基本はSFをお勧めします。家計の出費を抑えたい場合はBase、ゲル状が苦手な人はGPをお選びください。

機能性と価格
Base:ベース

なぜBaseは安い?

最も安価な商品ですが、最も費用対効果を高くしています。良いものをできるだけ安く提供したいという思いが込められています。

GP:ジーピー

なぜGPは機能性が少し低い?

ゲル状成分を顆粒状に加工するコストがかかるため、その分、機能性レベルが若干低めに設定されています。

ゲルと顆粒の、メリット・デメリット。

SF:エスエフBase:ベース

ゲル状(SF / Base)


メリット
水なしで、そのまま、どこでも飲める。
高齢者や小さなお子様にも飲みやすい。
(誤嚥の心配がない)

デメリット
重い(1箱500mlのペットボトル程度)。
持ち運びに不便。
多量摂取には不向き。

GP:ジーピー

顆粒状(GP)


メリット
ゲルが苦手な人に飲みやすい。
独特の味、食感、においを軽減。
軽い(1箱63g / 約卵1個分)。
小さく持ち運びに便利。旅行に最適。
多量摂取が楽。

デメリット
GPは、ゲルに比べて機能性が若干低い。

ゲルは飲みにくいの?

過去の販売実績から、ゲル状商品を選択されている方は、全体の84.1%です。

販売実績

参考)女性は比較的ゲルでもあまり気にされませんが、男性の中にはゲルが苦手な人もいます。

1箱に30袋入り。
商品詳細を比較する。

もっと詳しく >